秩父は温泉がいっぱい!観光時に立ち寄りたい温泉施設をご紹介!

埼玉

皆さんは秩父と言うと何が多いイメージを持たれるでしょうか。実は秩父には温泉がたくさんあるんです!今回は私が1泊2日の旅行時に立ち寄った温泉施設をご紹介します。

祭の湯

まずは有名なこの場所から。西武秩父駅併設の施設で、着いたらすぐに温泉を楽しめます!また、こちらは温泉施設だけでなくお土産屋さんやフードコートもあるので、電車を待つちょっとした時間にも利用できるようになっています。

入浴料は平日で980円、祝日でタオル・館内着込みだと1,430円となっています。スーパー銭湯と比べると少しお高めですが、駅近の立地でたくさんの種類のお湯に浸かれるのは魅力でしょう。

私は温泉自体には入らなかったのですが、お土産屋さんで秩父のお土産を物色したり、フードコートで秩父名物のみそポテトを食べたりしました。

お土産屋さんはとても広く、秩父定番の品は大体がここで手に入る印象でした。重たい荷物を持って観光する必要がなくなるので、とても便利ですね。また、フードコートも広く座席数も充分なので、お土産を探し疲れたら一休みするものありかもしれません。

西武秩父駅前温泉 祭の湯【公式サイト】 | 祭の湯
西武秩父駅前温泉 祭の湯【公式Webサイト】です。秩父地域の特色を生かした「温泉エリア」「フードコート」「物販エリア」の3つのエリアでお楽しみいただけます。秩父への旅の最後に温泉で体を癒してみてはいかがですか。

道の駅

秩父の道の駅には、温泉が併設されているものもあります。そんな中でもおすすめなのが「道の駅 大滝温泉」です!

こちらの施設は奥秩父にあるため、バスか車を利用しないと行くことはできません。しかし、それを差し引いてもオススメする理由が、弱アルカリ性の泉質を持つ温泉であること。その泉質から、別名「美人の湯」とも呼ばれるほどなのです!

実際に私も訪れましたが、お湯がとても気持ちよかったです!他の温泉に比べても成分の濃度が濃いらしく、トロッとした肌触りでした。また湯船も2つあって、露天風岩風呂は秩父の雄大な自然をそばに感じながら浸かれるので、いつまでも飽きずに入っていられそうでした。施設自体はそこまで大きくありませんが、食事処やお土産屋さんも小規模ながらあるので、ゆっくり滞在を楽しめます。

利用料金は700円とリーズナブルです。三峯神社や三十槌の氷柱に向かう道中にあるので、そちらに行くことがあればぜひ立ち寄ってみてください!

http://www.ootakionsen.co.jp/index.html

宿泊施設

秩父には温泉を引いている旅館も多くあります。旅館で温泉をゆっくり楽しめるのも、私が秩父旅行をする理由の一つです。私のオススメ温泉旅館は別の記事でご紹介していますので、よかったらご覧になってください。

美味しい料理に貸切温泉!秩父の宿ならここがおすすめ!
秩父は都内から1時間ちょっとで行くことのできるので日帰りも可能なのですが、せっかくならゆっくり泊まって癒されたいですよね!そんな方にぜひ候補として考えてもらいたい宿があります。私もとっても気に入っているので本当は教えたくないくらいなのです...

まとめ

いかがでしたでしょうか?それぞれの施設に特徴があるため、皆さんの旅に会う施設が必ずやあるはずです!秩父旅行をするときは、温泉を楽しむことも旅の目的に組み込んでみてくださいね!

コメント